当事務所は、県下最大規模の法律事務所(たかさき法律事務所)にて6年間共同経営者(パートナー)として事務所経営に携わってきた弁護士(宮澤哲哉)が、平成26年1月に新たに開設した法律事務所です。

当事務所は、製造、小売、不動産、物流、保険、建設、サービス等の多岐にわたる分野において、専門知識と経験を有し、法律顧問という立場から、クライアントの皆様にリーガルサービスを提供しております。今後も、更に充実したリーガルサービスを提供すべく日々研鑚に努めております。また、税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、建築士、社会保険労務士等のプロフェッショナルとも連携し、幅広いニーズに迅速かつ的確に対応できる体制も整えております。

当事務所の目指すところは、相談にいらっしゃった方々やクライアントの皆様の安心や幸せに貢献することです。紛争に巻き込まれてどうしたらいいか分からないという方にとっては、問題点と対応策を分かり易く示すことで安心を、事件を受任した場合には、最善の紛争解決を通して幸せに貢献したいと考えております。企業法務の分野では、紛争になる前から相談していただき、紛争を予防することで企業の発展、ひいてはその企業に関わる全ての人の幸せに貢献したいと考えております。

このような考えを実現するためには、相談者やクライアントの皆様との信頼関係の構築が不可欠です。そして、そのためには、あらゆる情報を提供していただいた上で、十分なコミュニケーションを図る必要があります。一見関連性がないと思われるような世間話なども決して無駄ではなく、むしろ信頼関係構築のためには大切なものです。そこで、当事務所では、「来所された方々が緊張せずに話しやすい空間を作りたい」というコンセプトのもと、閉鎖的な雰囲気を排除し、木を基調としたナチュラルなテイストで皆様をお迎えしております。お履物も脱いでいただいて、リラックスしてご相談下さい。